業者印刷の利点

Pocket

就活名刺はプライベート用の名刺としては固すぎますし、仕事用にも向きません。つまりリクルートスーツと同様に就活のときにしか使わないものです。そのためリクルートスーツの名刺版を探すしかありません。名刺を使い慣れている人はあくまでプライベート用の名刺に詳しいのであって、ビジネス用は詳しくありません。そのため線引がはっきりと見えてくるはずなどありません。線引が分かっている人、つまりリクルートスーツの名刺版を作っている人に頼めばよいのです。そういう点で名刺の専門業者に印刷を頼むことが間違いないのです。

印刷印刷屋はリクルートスーツと違い、客の要望に応えます。そのためプライベート用の名刺のように、細かいことを指定してしまうと、そのように印刷を行います。そのため「就活に使用します」と最初にいっておくと、リクルートスーツを提供してくれるのです。業者は様々な印刷を行っていますので、当然就活名刺も行っています。そのためのデータは持っているので、彼らは誰よりも線引を理解しているのです。ただ注意点があります。それはSNSです。SNSのアドレスを入れる人がいますが、SNSは伝えたくない情報やプライベートの情報が入っていることがあるいわば個人情報の固まりですので、なるべくでしたら控えておいたほうが無難だといえるでしょう。

 

喜ばれる就職祝いについて

ここ数年、国内の景気は決して良い方向でなく、また、最近では大手企業ですら経営の危機に晒されていたりと、就職活動をする学生にとっては逆風ともいえる状況が続いています。それだけに、自分の親せきが無事に就職に決まった時には、就職のお祝いをしてあげたいものです。さて、就職祝いといっても何をするべきなのか。現金を上げるという選択肢もなくはないですが、これから社会人としてお金を稼いでいく人なのですから、それ以外の選択肢も考えたいものです。就職が決まるということは、多くの場合は、お酒も飲める歳ですから、普段は行かない、少し高級なお店に行って、お酒を飲むというのも良いと思います。社会人としての心構えをお酒を傾けながら話すというのも悪くはないのではないでしょうか。物として何かを残したいという場合は、社会人として役に立つものを送ってあげると喜ばれます。

例えば、名刺入れや、ビジネス鞄等です。実用性がある分、決して無駄にはならないでしょう。自分が新社会人になったころを思い返してみて、これがあったら便利だったというものや、どう選んだら良いか分からない。といったものを就職祝いとして差し上げると、贈る人のためにもなってきます。何であれ、お祝いである以上、大事なのは気持ちですね。

 

「ルイヴィトンの成長過程と名刺入れ」

ルイヴィトンは、フランスのスーツケース職人ルイヴィトンが創始したファッションブランドである。しかし、評価されるようになったのは創始者であるルイが亡くなった後のことである。ヴィトン社は、まず「グリ・トリアノン・キャンバス」というトランク工場として創始された。このトランクは灰色のキャンバス地で覆われており、とても軽量なものであった。1854年、ルイは世界初となる旅行用鞄の専門店をパリに創業。1860年、ヴィトン社は需要に押されて規模を拡大した。1867年、万国博覧会で銅メダルを獲得。これにより世界的な評判を得て、主にスラブ・ラテン系王侯族に重用された。1889年のパリ万国博覧会で金賞を受賞。1892年、ヴィトン社はハンドバッグの販売を開始。父ルイの死後、ジョルジュはルイヴィトン社を世界的な企業へと押し上げた。

19世紀末から1930年代頃までは黄金期を迎え、1978年には日本にも進出し、3月に東京に3店、大阪に2店、9月には高島屋大阪店にもオープンした。1998年には、バッグだけにとどまらず、本格的にファッション界に進出し今日に至る。尚、私はブランド志向ではないが、人に勧められてヴィトンの高価な名刺入れを購入したが、ほとんど使う機会がなく無駄遣いをしたなと後悔している。イニシャルを入れてしまったので、売っても激安になってしまう。これが唯一のヴィトンとのつながりである。

リクルートスーツを参考に

Pocket

名刺に慣れているSNS世代ですが、それはあくまでも横の繋がりの名刺であって、縦の繋がりの名刺ではありません。プライベート用の名刺は、なんでも有りの世界です。とにかく名前を覚えてもらう、印象に残るという意味では最適かもしれませんが、もしそれで周りから浮いてしまってもある意味でウケたと感覚かもしれません。ですが就活名刺は前項までに示したように、ビジネスマナーに沿っていなければいけません。名前を覚えてもらっても悪い印象で残ってしまえば意味がないものになってしまいます。

ビジネスマナーではどこからがビジネスマナーに沿ったもので、どこからが外れたものかというと、実は明確は線引はなされていません。随分と適当な意味に受け止められてしまいそうですが、リクルートスーツというものがあります。就活生はそれを着用して就職活動を行っていますが、実はあのスーツは正式な定義があるわけではありませんし、大学が決めたわけでも就職企業が決めたわけでもありません。リクルートスーツはメーカーが販売目的に作り出したもので、企業が求めていたものは、面接に相応しい服装くらいです。それでも就活生が皆あのような服装でいるため、他の服装では浮いてしまう可能性があり、悪目立ちしないためにあの服装になっているのです。就活名刺が目指すものもそこにあるのです。

姉からもらった就職祝い

私には2つ上の姉がいます。中学まではしょっちゅう喧嘩をしていて、正直姉が好きではありませんでした。ですが高校に入ると、何がきっかけだったかはお互いよく覚えていませんが、とても仲良くなりなんでも相談できる心友のような存在に変わりました。なんでも話せる姉の存在が私にとってとても大きな存在であり、心の支えでした。私が就活でとても苦労し、悩んでいる時も色々相談にのってくれたり、面接の練習をしてくれたりしたのも姉。私が一番行きたかった企業への内定が決まった時には本当に喜んでくれたのを今でも覚えています。

そんな姉が就職祝いに赤の名刺入れをくれました。とても使いやすく、デザインも可愛くてとても気に入りました。就職してから毎日持ち歩き、仕事道具として使ったため、もう色々なところが切れてボロボロです。ですが、大好きな姉からもらった就職祝いなので、買い替える気にもなれず今でも使い続けています。愛着のある物はどうしても捨てられないといいますが、まさにこのことだと思います。姉には新しいの買ってあげるからもう使うのやめたら?と半ば呆れられていますが、初めて就職した時に姉からもらったという事が私の中では重要なので、これからも使い続けようと思います。

 

名刺で、名前と役職を知る

名刺交換は、営業の役職の人にとっては、日常で行われることです。その名刺交換で、その人の印象や役職、名前を知るのです。記憶力の良い人は、その都度の紹介の面識場所や顔等もよく覚えている事でしょうが、多くの人々との取引にはその顔の特徴か、や出来事等のハプニング等がない限り覚えていないものです。何度かお会いするとそれも違うのですが、一度会っただけで、名前等を覚えてもらっていた時は嬉しいものです。それが今後の好印象や仕事の取引にも関与してくるのです。ですから仕事の営業には、名刺は大切な物です。

その営業係である本人も企業の仕事先の人々に名前と顔を覚えてもらう事が、営業のノルマーにも関係します。ですから名刺もシンプルでもなければ、豪華でもないものが良いのです。その仕事柄で、名刺も個性な斬新なものを使うのです。アパレル関係者は、色彩のある個性的なおしゃれな名刺を持っている人を見かけます。営業マンは、一般的な名刺が多いのです。いずれも名刺で、その名前と役職がわかる大切なものです。

 

 

慣れているために……

Pocket

つながり前項の中盤で名刺慣れした世代の問題を示しましたが、まずはこの点について触れていきます。名刺慣れした世代は名刺を渡すタイミングは分かっていますが、渡す相手が違います。SNSで知合った相手は老若男女関係ありません。趣味などを共有した仲間たちの集まりですから、年齢や性別、社会的地位など関係なく平等の立場で、横の繋がりになります。このとき仲良くなった人が社会的に高い地位にいる人がいて、就職に有利なことがあります。そのため横の繋がりというのはかなり重要なものであり、SNSでの繋がりはバカにできるものではありません。ですがこの繋がりはあくまで横の繋がりであり、就活はこれとは真逆の縦の繋がりになります。

どういう意味かというと、就職先の人に自分のためにわざわざ時間を作ってもらっているのです。もし就職できたとするとその人たちは先輩にあたります。完全な縦の関係になるのです。その人たちに名前を覚えてもらうために就活生には必需品とはいえない名刺を渡すのですから、それなりのマナーができていないと認められる以前に、大人ぶっているとしか思われません。名刺慣れしてしまっているがゆえに、普段と同じような行動(渡し方)をとってしまうおそれがあるのです。

 

先輩の教わった名刺交換

入社したて、社会を何も分かっていない私は、先輩から色々と社会のルールを教わりました。私は、営業職で挨拶の仕方。訪問する会社の入り方。応接室の椅子の座り方。営業トークの仕方など色々と教わりました。 すべてが始めてですぐには、覚えられません。そんな中に名刺交換の仕方があります。私はその時、名刺交換くらい誰でも出来ます。テレビで見たことあるし。と思い先輩に「これは、出来ます。」と言って先輩を相手にテストされました。結果を言うと「ダメ」でした。

何が悪いのか。私は普通に貰い自分の名刺も渡して、貰った名刺を大事に直しました。この行為のどこが悪いのを聞くと、名刺を貰う、渡す場合は、名刺入れをテーブルと仮定して両手で貰い一言「頂戴します。」自分は名刺を両手で渡し自己紹介する。その後、貰った名刺は、直さずに、応接テーブルの右下に置く。相手が2人いる場合は、上司が上部下が下に並ぶように置く。と言うことを聞いて勉強になりました。 単なる名刺の交換なのに、ここまでの事をしないいけないと思い社会は、厳しいと思いました。

 

仕事に役に立つ名刺の活用方法

最近では、自分を覚えてもらうために工夫を凝らした名刺をもっている方も増えました。しかし名刺が溜まってくると、顔と名刺とが一致しないことがよくあります。そのような時には、名刺の空いている個所に少し書き入れると名刺と顔が一致がしやすくなります。例えば、名刺交換した時の状況や日時といったことです。また顔の特徴や仕草を書き入れておくと、しばらく経ってからでも、名刺を見た際に記憶が蘇りやすいです。やはり、その時の状況や仕事の内容や顔が記憶されていると名刺を見て、電話をした際にも話がしやすいという利点があります。

また次に会ったときにも、前の状況が把握しやすいというメリットもあります。仕事をしていく上で、名刺の数は増えます。増えた分をすべて記憶しておくのは、やはり無理な面もあります。そういった時に、空欄に書き入れておくと、後から仕事をしていく上でも便利です。ただし、相手の悪い面といった書き込みはしないことです。誰が見るか分からないからです。空欄に少し書き入れることで、記憶と仕事に役に立ちます。

 

 

就活用名刺は業者印刷へ

Pocket

就活用名刺は業者に依頼したほうが、間違いありません。この間違いないというのは「断定」の意味の間違いではなく、間違えること、ミスをすることがないという意味です。

就活用名刺就活用名刺は、歴史はそう長くはありません。名刺は社会人、会社員になると会社から配布されるものであり、ビジネスマンの必須アイテムです。自営業者は自分で作らなくてはいけませんが、仕事をしている人、人接する機会がある人の必須アイテムだといえるでしょう。自営業、しかも昔からの職人気質の人はもっていない人もいるかもしれません。ですがそのような人は、同じ人しか顔を合わせない、営業を行う必要のない人であり、名刺を交換する機会が極端に少ない人なのです。最近ではSNSの発展により、学生や働いていない人、働いていても仕事で名刺を使用する機会のない人でも個人用の名刺を持っている人が多いようです。名刺慣れした世代が就活用名刺を使用するようになってきているのですが、ここに問題があります。

名刺はビジネスマンの必須アイテムであり、ビジネスマナーの基本でもあります。就活用の名刺となると、OBや担当者に主に渡します。立場的にも上の人であり、社会人としても先輩にあたります。この人たちも最初からビジネスマナーが完璧だったわけではありません。新人研修やそれまでの社会人生活の中で経験して身に着けたものです。つまりマナーを知っている人たちです。その人たちに間違ったマナーで名刺を渡してしまっては、名刺を渡す意味どころか悪い印象を与えることになってしまうのです。

 

名刺を持たない若者たち

昔の映画やテレビドラマをみているとビジネスマン同士の名刺交換のシーンをよく見るが、最近では珍しくなっています。事実私の友だちなどでも社員に持たせている会社は少なく、管理職以上の階級になって初めてつくるという会社もあるようです。そういうえば、私の場合も課長レベルになって初めて申請しました。自分がどういうものなのかをアピールするための手形のようなもので営業(セールスマン)にとっては最大の商売道具でもありますが最近では経費削減・不況のあおりをくらっているようで、会社自体がなかなか作成にOKを出さないのが現状のようです。

そんな背景もあり、では実際自分が昇進して名刺をもった時、交換に際してのマナーやルールを知らないマズイ状況が起こってきます。・交換する際は,「私,△社の○○と申します」と名乗りながら渡す・表示されている名前などを相手に読めるほうへ向けて,両手で差し出す・相手からのものは両手で丁寧に受け取るなお,目上の人から先に渡されてしまった場合は,受け取った後,「申し遅れましたが」とひと言添えて渡すようにするなど相手を気遣い細かいルールやマナーが沢山あることに最近になってようやく気づきました。私と同じ境遇の人も少なくないと思いますので、各会社では持つ・持たないにしろビジネスマナーの講習等も積極的に取り入れるといいと思います。

 

昇進祝いのマナーについて

会社の同僚や上司、友人知人、親類縁者の昇進を祝う際は、社内であれば、その慣例にのっとって、祝いの品物を取り決め贈ります。身内のものに関しては、仲間内での取り決めに沿うのも、各自個別で贈っても差し支えないです。昇進祝いを贈る際のマナーとして、昇進祝いの知らせを受けられてからなるべく早期の時期に贈るのがベターです。社内であれば、お祝いの席をもうける可能性もありますので、その席で直接手渡されると喜ばれるでしょう。親しい方の場合も同様に、その昇進を知ってから遅滞なく祝いの品を贈るのが礼儀です。

品物に関しては、一般的に、華やかなラッピングが施された花束や長く使える万年筆、ネーム入りの文鎮、名刺入れなどの皮革製品、もしも個人の好みを知りうるならば、贈られた本人が喜びそうなものをプレゼントしてもよいと思われます。費用に関しては、社内の場合、皆で割り勘にする場合や役職に応じて負担する場合とさまざまです。事前に上司や先輩等に相談するのが無難です。親しい方の場合も同様に、仲間内で贈る場合は、割り勘で、個別に贈る場合は、贈られた相手に気を使わせない程度の品物を贈ります。どちらも予算的に数千円から1万円程度に収めるのが一般的です。