業者印刷の利点

Pocket

就活名刺はプライベート用の名刺としては固すぎますし、仕事用にも向きません。つまりリクルートスーツと同様に就活のときにしか使わないものです。そのためリクルートスーツの名刺版を探すしかありません。名刺を使い慣れている人はあくまでプライベート用の名刺に詳しいのであって、ビジネス用は詳しくありません。そのため線引がはっきりと見えてくるはずなどありません。線引が分かっている人、つまりリクルートスーツの名刺版を作っている人に頼めばよいのです。そういう点で名刺の専門業者に印刷を頼むことが間違いないのです。

印刷印刷屋はリクルートスーツと違い、客の要望に応えます。そのためプライベート用の名刺のように、細かいことを指定してしまうと、そのように印刷を行います。そのため「就活に使用します」と最初にいっておくと、リクルートスーツを提供してくれるのです。業者は様々な印刷を行っていますので、当然就活名刺も行っています。そのためのデータは持っているので、彼らは誰よりも線引を理解しているのです。ただ注意点があります。それはSNSです。SNSのアドレスを入れる人がいますが、SNSは伝えたくない情報やプライベートの情報が入っていることがあるいわば個人情報の固まりですので、なるべくでしたら控えておいたほうが無難だといえるでしょう。

リクルートスーツを参考に

Pocket

名刺に慣れているSNS世代ですが、それはあくまでも横の繋がりの名刺であって、縦の繋がりの名刺ではありません。プライベート用の名刺は、なんでも有りの世界です。とにかく名前を覚えてもらう、印象に残るという意味では最適かもしれませんが、もしそれで周りから浮いてしまってもある意味でウケたと感覚かもしれません。ですが就活名刺は前項までに示したように、ビジネスマナーに沿っていなければいけません。名前を覚えてもらっても悪い印象で残ってしまえば意味がないものになってしまいます。

ビジネスマナーではどこからがビジネスマナーに沿ったもので、どこからが外れたものかというと、実は明確は線引はなされていません。随分と適当な意味に受け止められてしまいそうですが、リクルートスーツというものがあります。就活生はそれを着用して就職活動を行っていますが、実はあのスーツは正式な定義があるわけではありませんし、大学が決めたわけでも就職企業が決めたわけでもありません。リクルートスーツはメーカーが販売目的に作り出したもので、企業が求めていたものは、面接に相応しい服装くらいです。それでも就活生が皆あのような服装でいるため、他の服装では浮いてしまう可能性があり、悪目立ちしないためにあの服装になっているのです。就活名刺が目指すものもそこにあるのです。

慣れているために……

Pocket

つながり前項の中盤で名刺慣れした世代の問題を示しましたが、まずはこの点について触れていきます。名刺慣れした世代は名刺を渡すタイミングは分かっていますが、渡す相手が違います。SNSで知合った相手は老若男女関係ありません。趣味などを共有した仲間たちの集まりですから、年齢や性別、社会的地位など関係なく平等の立場で、横の繋がりになります。このとき仲良くなった人が社会的に高い地位にいる人がいて、就職に有利なことがあります。そのため横の繋がりというのはかなり重要なものであり、SNSでの繋がりはバカにできるものではありません。ですがこの繋がりはあくまで横の繋がりであり、就活はこれとは真逆の縦の繋がりになります。

どういう意味かというと、就職先の人に自分のためにわざわざ時間を作ってもらっているのです。もし就職できたとするとその人たちは先輩にあたります。完全な縦の関係になるのです。その人たちに名前を覚えてもらうために就活生には必需品とはいえない名刺を渡すのですから、それなりのマナーができていないと認められる以前に、大人ぶっているとしか思われません。名刺慣れしてしまっているがゆえに、普段と同じような行動(渡し方)をとってしまうおそれがあるのです。

就活用名刺は業者印刷へ

Pocket

就活用名刺は業者に依頼したほうが、間違いありません。この間違いないというのは「断定」の意味の間違いではなく、間違えること、ミスをすることがないという意味です。

就活用名刺就活用名刺は、歴史はそう長くはありません。名刺は社会人、会社員になると会社から配布されるものであり、ビジネスマンの必須アイテムです。自営業者は自分で作らなくてはいけませんが、仕事をしている人、人接する機会がある人の必須アイテムだといえるでしょう。自営業、しかも昔からの職人気質の人はもっていない人もいるかもしれません。ですがそのような人は、同じ人しか顔を合わせない、営業を行う必要のない人であり、名刺を交換する機会が極端に少ない人なのです。最近ではSNSの発展により、学生や働いていない人、働いていても仕事で名刺を使用する機会のない人でも個人用の名刺を持っている人が多いようです。名刺慣れした世代が就活用名刺を使用するようになってきているのですが、ここに問題があります。

名刺はビジネスマンの必須アイテムであり、ビジネスマナーの基本でもあります。就活用の名刺となると、OBや担当者に主に渡します。立場的にも上の人であり、社会人としても先輩にあたります。この人たちも最初からビジネスマナーが完璧だったわけではありません。新人研修やそれまでの社会人生活の中で経験して身に着けたものです。つまりマナーを知っている人たちです。その人たちに間違ったマナーで名刺を渡してしまっては、名刺を渡す意味どころか悪い印象を与えることになってしまうのです。