リクルートスーツを参考に

Pocket

名刺に慣れているSNS世代ですが、それはあくまでも横の繋がりの名刺であって、縦の繋がりの名刺ではありません。プライベート用の名刺は、なんでも有りの世界です。とにかく名前を覚えてもらう、印象に残るという意味では最適かもしれませんが、もしそれで周りから浮いてしまってもある意味でウケたと感覚かもしれません。ですが就活名刺は前項までに示したように、ビジネスマナーに沿っていなければいけません。名前を覚えてもらっても悪い印象で残ってしまえば意味がないものになってしまいます。

ビジネスマナーではどこからがビジネスマナーに沿ったもので、どこからが外れたものかというと、実は明確は線引はなされていません。随分と適当な意味に受け止められてしまいそうですが、リクルートスーツというものがあります。就活生はそれを着用して就職活動を行っていますが、実はあのスーツは正式な定義があるわけではありませんし、大学が決めたわけでも就職企業が決めたわけでもありません。リクルートスーツはメーカーが販売目的に作り出したもので、企業が求めていたものは、面接に相応しい服装くらいです。それでも就活生が皆あのような服装でいるため、他の服装では浮いてしまう可能性があり、悪目立ちしないためにあの服装になっているのです。就活名刺が目指すものもそこにあるのです。