業者印刷の利点

Pocket

就活名刺はプライベート用の名刺としては固すぎますし、仕事用にも向きません。つまりリクルートスーツと同様に就活のときにしか使わないものです。そのためリクルートスーツの名刺版を探すしかありません。名刺を使い慣れている人はあくまでプライベート用の名刺に詳しいのであって、ビジネス用は詳しくありません。そのため線引がはっきりと見えてくるはずなどありません。線引が分かっている人、つまりリクルートスーツの名刺版を作っている人に頼めばよいのです。そういう点で名刺の専門業者に印刷を頼むことが間違いないのです。

印刷印刷屋はリクルートスーツと違い、客の要望に応えます。そのためプライベート用の名刺のように、細かいことを指定してしまうと、そのように印刷を行います。そのため「就活に使用します」と最初にいっておくと、リクルートスーツを提供してくれるのです。業者は様々な印刷を行っていますので、当然就活名刺も行っています。そのためのデータは持っているので、彼らは誰よりも線引を理解しているのです。ただ注意点があります。それはSNSです。SNSのアドレスを入れる人がいますが、SNSは伝えたくない情報やプライベートの情報が入っていることがあるいわば個人情報の固まりですので、なるべくでしたら控えておいたほうが無難だといえるでしょう。

 

喜ばれる就職祝いについて

ここ数年、国内の景気は決して良い方向でなく、また、最近では大手企業ですら経営の危機に晒されていたりと、就職活動をする学生にとっては逆風ともいえる状況が続いています。それだけに、自分の親せきが無事に就職に決まった時には、就職のお祝いをしてあげたいものです。さて、就職祝いといっても何をするべきなのか。現金を上げるという選択肢もなくはないですが、これから社会人としてお金を稼いでいく人なのですから、それ以外の選択肢も考えたいものです。就職が決まるということは、多くの場合は、お酒も飲める歳ですから、普段は行かない、少し高級なお店に行って、お酒を飲むというのも良いと思います。社会人としての心構えをお酒を傾けながら話すというのも悪くはないのではないでしょうか。物として何かを残したいという場合は、社会人として役に立つものを送ってあげると喜ばれます。

例えば、名刺入れや、ビジネス鞄等です。実用性がある分、決して無駄にはならないでしょう。自分が新社会人になったころを思い返してみて、これがあったら便利だったというものや、どう選んだら良いか分からない。といったものを就職祝いとして差し上げると、贈る人のためにもなってきます。何であれ、お祝いである以上、大事なのは気持ちですね。

 

「ルイヴィトンの成長過程と名刺入れ」

ルイヴィトンは、フランスのスーツケース職人ルイヴィトンが創始したファッションブランドである。しかし、評価されるようになったのは創始者であるルイが亡くなった後のことである。ヴィトン社は、まず「グリ・トリアノン・キャンバス」というトランク工場として創始された。このトランクは灰色のキャンバス地で覆われており、とても軽量なものであった。1854年、ルイは世界初となる旅行用鞄の専門店をパリに創業。1860年、ヴィトン社は需要に押されて規模を拡大した。1867年、万国博覧会で銅メダルを獲得。これにより世界的な評判を得て、主にスラブ・ラテン系王侯族に重用された。1889年のパリ万国博覧会で金賞を受賞。1892年、ヴィトン社はハンドバッグの販売を開始。父ルイの死後、ジョルジュはルイヴィトン社を世界的な企業へと押し上げた。

19世紀末から1930年代頃までは黄金期を迎え、1978年には日本にも進出し、3月に東京に3店、大阪に2店、9月には高島屋大阪店にもオープンした。1998年には、バッグだけにとどまらず、本格的にファッション界に進出し今日に至る。尚、私はブランド志向ではないが、人に勧められてヴィトンの高価な名刺入れを購入したが、ほとんど使う機会がなく無駄遣いをしたなと後悔している。イニシャルを入れてしまったので、売っても激安になってしまう。これが唯一のヴィトンとのつながりである。